忍者ブログ
HOME > 前項現在のページ > 次項 Admin NewEntry Comment RSS  
芸急(芸南急行電鉄)グループ傘下の架空プロ野球チーム。「ペナントシミュレーション3」での戦績を紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆ドラフト
1位:凪浦貴久(外野手・高校)
2位:根本彰弘(内野手・高校)
3位:北泉武史(内野手・社会人)
4位:木村健介(捕手・高校)
5位:広石悠樹(投手・高校)
1位の凪浦貴久は走攻守三拍子揃った超高校級の外野手です。即戦力としても期待できます。
 
◆引退
かつてチームの中心を担った選手が4人引退しました。
羽田野秀二:在籍16年(NPB時代を含む)。通算143勝。エースとしてチームを引っ張りました。
ジェッター:在籍4年。先発ローテーションの一角。
金子哲平:在籍17年(NPB時代を含む)。巧打で1000本安打を達成。
土井守:在籍19年(NPB時代を含む)。鉄壁の二塁手。
 
◆契約更改
投手最高額…伊神公是:2億6000万円
4000万円アップ…足立堅太、伊神公是、田淵湯介、甲本裕紀、古野茂樹
3400万円アップ…刈谷洋介
野手最高額…大島康平:3億3000万円
5000万円アップ…速水拓生
4000万円アップ…大島康平、柏原育志
速水はフル出場で打率.338が評価されたようです。大島、もらい過ぎのような気がしないでもありませんが、144試合フル出場がモノを言ったのでしょう。ちなみに柏原も。
 
※芸急ボイジャース 過去の記録はこちら → 芸急グループ-Vスタジアム

拍手[0回]

PR
最終戦144試合目で首位が入れ替わりました。
 
p0045.jpg
 
京阪神ブレーブス、逆転優勝です。わが芸急ボイジャースはどうにか最下位を免れました。
 
個人タイトル争いの結果はこれ(↓)。
 
vst_best4003.jpg
 
やはり本塁打は30本に届きませんでした。“飛ばない球”でも採用されたんでしょうか。

※芸急ボイジャース 過去の記録はこちら → 芸急グループ-Vスタジアム
 

拍手[0回]

120試合までのはずが、勢い余って121試合まで進めてしまいました。
 
p0043.jpg
 
京阪神ブレーブスと北海クーガーズが熾烈な首位争いを繰り広げています。芸急はせめてこの位置をキープしてほしいものです。
 
個人タイトル争い(↓)
 
p0044.jpg
 
久我の打率が4割を切りましたが、首位打者はほぼ確定でしょう。本塁打は30本に到達しそうにありません。
 
※芸急ボイジャース 過去の記録はこちら → 芸急グループ-Vスタジアム
 

拍手[0回]

96試合を消化しました。
 
p0041.jpg
 
北海クーガーズが首位に返り咲き。0.5ゲーム差の2位で京阪神ブレーブスが追う展開です。
 
芸急ボイジャースはとりあえず最下位を脱出しました。しかしこれは、中京ドラゴンズ大失速に助けられた結果であるため、素直には喜べませんね。
 
タイトル争いですが、首位打者が恐ろしいことになっています。
 
p0042.jpg
 
この時点で久我雄哉(西日本)が4割超え。史上初の4割打者誕生かもしれません。

※芸急ボイジャース 過去の記録はこちら → 芸急グループ-Vスタジアム
 

拍手[0回]

72試合消化。ちょうど折り返し地点に到達しました。
 
p0039.jpg
 
首位が入れ替わっています。0.5ゲーム差で西日本イーグルスが球団史上初の単独首位に立ちました。
 
一方、芸急ボイジャース。とりあえず長いトンネルは抜け出したようで、勝率を何とか4割に乗せました。しかし依然として最下位です。
 
個人成績で目立つのは、現時点で首位打者の久我雄哉(西日本)。.398という高打率をキープしています。わが芸急の4番・大島が本塁打と打点のトップですが、打点はともかく本塁打数はかなり少ないですね。このペースでいくと144試合で26本。30本超えも厳しい数値です。
 
p0040.jpg

※芸急ボイジャース 過去の記録はこちら → 芸急グループ-Vスタジアム
 

拍手[0回]

[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
プロフィール
HN:
GEN3
性別:
男性
自己紹介:
仮想都市開発家(VUD)
仮想歴史改変家(VHC)
各種シミュレーションゲームでマイ
ワールド構築中。ここでは架空の
プロ野球をシミュレートしています。
ペナントシミュレーション3
がらくた氏制作・公開の架空プロ野球シミュレーションゲーム。

長期的な視点に立って、チームを育成・強化することに重点が置かれており、一投一打に細かい指示を与えて、試合を勝利に導くというゲームではありません。

言うなれば、プレイヤーはおもにジェネラル・マネージャー(GM)の役割を果すことになります。ただ、出場選手登録や野手のポジション、打順、投手の役割分担などの決定はプレイヤーの仕事ですから、監督の要素もありますね。

采配モードにすれば、試合で大まかな指示(盗塁、犠打、エンドラン、敬遠や選手交代など)を行うこともできます。

公式サイト
「がらくたのペナントシミュレーション」
最新CM
[02/20 Yスタ始めました]
[01/21 sigeno]
[12/28 害吉]
[11/28 Yスタ始めました]
[11/28 Yスタ始めました]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
【架空球団】芸急ボイジャース 公式ブログ Produced by GEN3
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com