忍者ブログ
HOME > > [PR] > 芸急ボイジャース > ペナントシミュレーション Admin NewEntry Comment RSS  
芸急(芸南急行電鉄)グループ傘下の架空プロ野球チーム。「ペナントシミュレーション3」での戦績を紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんと1年以上ぶりの更新。ちゃんと生きています。

このブログで架空プロ球団「芸急ボイジャース」の活躍を描くのに使っていたのは、納豆城護氏の「戦国風表計算野球」。

とてもよくできたソフトなんですが、ただひとつ…選手名が戦国風というのが、ちょっとね…

そこでこれを何とかする方法をリサーチしていたのですが、その最中に見つけたのが「ペナントシミュレーション」なるソフト。

選手名はもちろん現代風で、数十年にわたって架空プロ野球の歴史を刻むことができる点は「戦国風表計算野球」と同様です。欠点としては、個々の試合内容は詳細にデータとして残らないということがありますが、そこは試合結果を画像でキャプチャーすることで割りきってしまえばよいかと。

しばらくテストプレイをしてみて、大きな問題がなければ、「ペナントシミュレーション」で架空プロ野球を再開するつもりです。

あ、そうそう。「戦国風表計算野球」と違って1リーグ制ですが、まあ、そこも…ねえ。ただでさえ、球団経営は苦しいんだから、無理に2リーグ作る必要はないよね、なんてむりやり納得してしまいましょう。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [77]  [79
プロフィール
HN:
GEN3
性別:
男性
自己紹介:
仮想都市開発家(VUD)
仮想歴史改変家(VHC)
各種シミュレーションゲームでマイ
ワールド構築中。ここでは架空の
プロ野球をシミュレートしています。
ペナントシミュレーション3
がらくた氏制作・公開の架空プロ野球シミュレーションゲーム。

長期的な視点に立って、チームを育成・強化することに重点が置かれており、一投一打に細かい指示を与えて、試合を勝利に導くというゲームではありません。

言うなれば、プレイヤーはおもにジェネラル・マネージャー(GM)の役割を果すことになります。ただ、出場選手登録や野手のポジション、打順、投手の役割分担などの決定はプレイヤーの仕事ですから、監督の要素もありますね。

采配モードにすれば、試合で大まかな指示(盗塁、犠打、エンドラン、敬遠や選手交代など)を行うこともできます。

公式サイト
「がらくたのペナントシミュレーション」
最新CM
[02/20 Yスタ始めました]
[01/21 sigeno]
[12/28 害吉]
[11/28 Yスタ始めました]
[11/28 Yスタ始めました]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
【架空球団】芸急ボイジャース 公式ブログ ペナントシミュレーション Produced by GEN3
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com